壮大なるプロジェクト みそ作り編

TOP > 壮大なるプロジェクト みそ作り編

好奇心 全開!!  大豆のふしぎを体験中・・・みそ作り後編

「大豆からできるもの なにがある?」からはじまった味噌作り、初めての体験で子ども達の胸は膨らみます。
毎日毎日「まだたべられないの?」「できたぁ」と出来上がりを待ちどおしむ声ばかり・・・
やっとその日を向かえ、子ども達は大興奮!    さて、お味のほどは・・・

平成27年2月20日
 保育園でいつも飲んでいる味噌と、みんなの作った味噌を飲み比べてみました

まずは・・見た目の判断

どちらがみんなの手作り???   色の濃い味噌を指す子が多く、その理由を聞くと・・・

手作り味噌と市販の味噌の違いを比較する子ども達 「味噌をひっくり返したときと同じ色だから」
「いつも飲んでる味噌汁と違う色だから」
「つぶつぶが入っているから」
と、記憶力のすごさに驚きました。
さて次は・・飲んで判断
手作り味噌と市販の味噌を、味噌汁にして飲み比べる子ども達 「ちょっと濃い味がする」
「いつものお味噌汁の味だぁ~おいしいね」

食べ慣れることが好みになることを実感。

(一人の声から始まった挑戦)「色の濃いのと薄いのを合わせてみたらどんなかな?」
この新たな発想にみんなが賛成。

合わせてみると・・

「うん!おいしい~」自分たちの発想が成功した瞬間でした。

どちらが手作り味噌の味噌汁かを当てて喜ぶ子ども達 みんなの作った味噌は・・・
色の濃いほうです。
と、言うと「当たったー!」と大歓声!!

「中にあるつぶつぶなんだと思う?」
しばらく考えて「大豆?!」

中には、「一所懸命つぶしたのに残っちゃったね~」と残念そうにつぶやく声も聞かれましたが、食べてみると「甘くておいしいよ」と、うれしそうでした。
 

平成27年2月21日
 おやつ・・・五平餅に手作り味噌をつけて食べる

ごはんと味噌だれを別々に作り、自分たちの好みの量をつけて食べました。

五平餅の上に手作り味噌で作った味噌だれをつける子ども達 ごはんの端から端までびっしりつける子
ごはんが見えるくらい薄く塗る子
塗り方はそれぞれでしたが・・・
お味のほうは、全員一致!
「おいし~い」の一言。

テーブルの味噌だれの容器が、「洗ってくれた?」と勘違いするほどきれいになって給食室に戻ってきました。

そして・・・

餅つきの時、豚汁に使い『福寿会(老人会)』の方々から「おいしいねぇ~」と言われ、満足顔の子ども達。給食の味噌汁にも使って5歳児の手作り”みそ”は終了です。

味噌作りを通して体験したことが園目標の旺盛な好奇心(心豊か)と、やりたい、やってみよう、と思う意欲的な子どもであり続けることを願います。

このページの先頭へ

好奇心 全開!!  大豆のふしぎを体験中・・・みそ作り前編

「和食」がユネスコ世界無形文化遺産に登録されてから、子ども達と和食に触れる機会を増やしています。その中のひとつ、「大豆からできるもの、なにがあるの?」の声からはじまり、本当に大豆から味噌ができるのかを実際に体験してみました。

平成26年3月3日 みそ作りの下準備・・・給食室にて

水で戻した大豆   一晩(12時間以上)水につけて二倍にふくれた大豆を、大きな鍋でやわらかくなるまで茹でました。

平成26年3月4日 いよいよ みそ作りに挑戦

みそ豆のにおいや形、色を観察する子ども達   茹で上がった大豆のにおい・形・色をじっくりと観察。
「これがおみそになるのかなぁ?!」とみんな半信半疑でした。
大豆をつぶす子ども達   みんなで大豆をつぶしました。つぶし方はいろいろで、たたく・にぎる・体重をのせるなど、子供たちの個性がひかります。
みそ玉作り   つぶした大豆にこうじと塩を加え、丸めてみそ玉にしました。 手のひらからポロポロ落ちてしまいそうな程大きなみそ玉を、「むずかしいね~」「これでいいの?」と一人ひとりがどうしたら上手にできるかを考えながら、なれない手つきで真剣に丸めていました。
みそ玉を容器に投入 「空気が入らないようにいれようね」を合言葉に、作ったみそ玉を容器に投げ入れます。
「早くやりた~い!どうやってやるの?」と子ども達はやる気満々。
  すべての工程をやり遂げると「早く食べたいね」「いつ食べるの?」と思いは既に食べることでいっぱいです。

平成26年6月11日 風味を増す作業「天地返し」

3ヶ月ねかせたおみそ。容器の中には「たまり醤油」も上がり、順調に発酵が進んでいます。今度は上下をひっくり返す作業(天地返し)です。ここでちょこっとお味見も・・・

醗酵が進んだみそに見入る子ども達   まだ仕上がり途中のみそを見て、「茶色になってる!」「みそのにおいだね」「まだつぶつぶがある」「やわらかそうだね」「ごはんが食べたくなるにおいだね」など、五感で大豆の変化を感じる瞬間でした。
ちょこっとお味見   途中経過の味見ターイム!!

感想は「ちょっとしょっぱいね」「みその味だね」「もっと食べたい!」などなど

  今日の味、みんな覚えていられるかなぁ~
出来上がりは、もっとおいしいからね
容器にみそを投げ入れる子ども達 無事に上下をひっくり返し・・・

  最後に大きな声でおまじない
「おいしくな~れ!」

出来上がりを楽しみにしている子ども達です。

夏の間、涼しい場所に置いて熟成させます(期間は6ヶ月~1年)。

このページの先頭へ

TOP

保育について

園について

お知らせ

壮大なるプロジェクト

子ども達の
      成長に感動!

お問い合せ